アスファルト舗装で建物の補強力アップ|強い土台でど~だい

予算と準備

作業員

アスファルト舗装工事を依頼する際にはもちろんのこと、その為の施工費が必要となります。施工費は業者によって異なるので、見積もりをして割安なところを見つけるのもいいでしょう。

詳しくはこちら

施設の設計は計画性が大事

建設現場

クリニックなどの施設を設計する際はまず設計計画を考え、それぞれの計画通りに工事を行なっていけるように対処しましょう。また工事を行なう際は、設備の導入にかかる費用が枯渇しないように注意する事も大事です。

詳しくはこちら

信頼できる会社を検索

工事

会社で利用している駐車場などの設備のアスファルトに劣化が生じた場合は、アスファルト舗装を施し設備の状態を改善しておく必要があります。また建設会社に工事を依頼する際は、事前に信頼して依頼を行える建設会社を検索しておくようにしましょう。

詳しくはこちら

事前に予防

集合住宅

マンション経営者の場合は、外構も大事ですがアスファルト舗装や防水工事にはもっと気をつける必要があります。アスファルト舗装や防水工事と聞くと、そんなに頻繁に行うものではないように思えます。しかし、四六時中マンションというものは、風雨にさらされているわけですからそれなりの対処が必要になってきます。少なくとも、住人からの苦情が来る前には防水工事アスファルト工事を先駆けてやっておきたいものです。

防水の仕方としては、廊下や屋上のスペースに対して防水塗料を塗って行います。アスファルト塗装工事で用いられる防水塗料で安いものを使ってしまうと、夏場に塗料とコンクリートの間に気泡ができてしまいます。はっきりと言えば、あまり頻繁に行うものではないので、やるときはできるだけ長持ちする塗料でやりましょう。防水工事の値段ですが、これは塗料を塗る延べ床面積で決まります。通常は、建設当時の設計図などを見ながら面積を調べますが、それがない場合はメジャーを使って測りましょう。面積を求めてから、発注を出すとその分正確にコストがわかるので便利です。正確にコストがわかると言っても、一朝一夕で集められる予算ではありません。従って、少なくとも実施する5年くらい前から予算を積み立てておくと良いでしょう。予算が足りないと、結果として不十分な防水措置をすることになります。防水工事に関しては、どこの部分が風雨にさらされるのかを計算しておけば、後々係る予算だって減らせます。逆に、このことを計算せずに建ててしまったあとで、メンテナンス費用がかかったのでは後悔しても遅いのです。